IOS の操作効率を上げる、便利なショートカットキー一覧

Cisco IOS は UNIX ライクなショートカットキーを利用することが出来ます。IOS に限った話ではありませんが、ショートカットキーを上手に使うことでホームポジションを維持し、キーボード入力を効率良く、素早く行うことが出来ます。ショートカットキーを使わない場合は「タイプミスをした際に Backspace 連打で誤字を削除する」「一旦、入力したコマンドなのに、もう一度入力する」「いちいち指を矢印キーの上まで持っていくことで指の運動範囲が大きくなり、結果として入力速度が落ちる」といったデメリットがあります。

よく使う IOS のショートカットキー

私がよく使う IOS のショートカットキー一覧です。UNIX / Linux でも使えるショートカットキーですので、一度覚えてしまえば(指に馴染んでしまえば)汎用性が高いです。

実行したい内容 ショートカットキー
一文字進む Ctrl + F
一文字戻る Ctrl + B
一語進む ESC + F
一語戻る ESC + B
行頭へ移動 Ctrl + A
行末へ移動 Ctrl + E
カーソルより前を削除する Ctrl + X
カーソルより後ろを削除する Ctrl + K
直前の一文字を削除する Ctrl + H
直後の一文字を削除する Ctrl + D
直前の一語を削除する Ctrl + W
一行削除する Ctrl + U
改行する Ctrl + J
Exec モードへ戻る Ctrl + Z
コマンドの履歴を戻る Ctrl + P
コマンドの履歴を進む Ctrl + N

以下、それぞれの動作について簡単に解説します。

一文字進む / 一文字戻る

"Ctrl + F" で一文字進みます。右矢印キー(→)を押したのと同じ効果です。

file

"Ctrl + B" で一文字戻ります。左矢印キー(←)を押したのと同じ効果です。

file

一語進む / 一語戻る

"ESC + F" で一語(1 ワード)進みます。ここで言う「一語」とは、スペースや "."(ピリオド)で区切られた単語のことになりますので、例えば「192.168.100.200」という IP アドレスは「4 つの単語で構成されている」と考えることが出来ます。

file

"ESC + B" で一語戻ります。

file

行頭へ移動 / 行末へ移動

"Ctrl + A" で行頭へ移動します。

file

"Ctrl + E" で行末へ移動します。

file

カーソルより前を削除する / カーソルより後ろを削除する

"Ctrl + X" でカーソルより前を削除します。削除された部分は前詰めとなり、カーソルは行頭へ移動します。

file

"Ctrl + K" でカーソルより後ろを削除します。

file

直前の一文字を削除する / 直後の一文字を削除する

"Ctrl + H" で直前の一文字を削除します。Backspace キーと同じ効果です。

file

"Ctrl + D" で直後の一文字を削除します。Delete キーと同じ効果です。

file

直前の一語を削除する / 一行削除する

"Ctrl + W" で直前の一語を削除します。

file

"Ctrl + U" で一行を削除します。

file

改行する

"Ctrl + J" で改行します。Enter キーと同じ効果です。

file

Exec モードへ戻る

"Ctrl + Z" でコンフィギュレーションモードを抜けて、Exec モードへ戻ります。

file

どのコンフィギュレーションモードから実行しても同じ結果になり、例えばインターフェイスコンフィギュレーションモードから実行しても以下の通り、Exce モードに戻ります。

file

コマンドの履歴を戻る / コマンドの履歴を進む

IOS シェル上で実行したコマンドの履歴は "show history" コマンドで確認することが出来ます。例えば、以下のようなコマンドの実行履歴があったとします。

file

"Ctrl + P" で履歴を戻る(遡る)ことが出来ます。上矢印(↑)と同じ効果です。

file

逆に、"Ctrl + N" で履歴を進むことが出来ます。下矢印(↓)と同じ効果です。

file

コメント

タイトルとURLをコピーしました