CML

Cisco

cmlutils を使い、CLI から CML へ新規イメージを登録する

以前に以下のメモを書きました。 CML へ cmlutils で Ubuntu 22.04LTS イメージをアップロードする 検証環境用 Ubuntu 22.04LTS 初期化スクリプト 今回、改めて cmlutils を使って CLI...
Cisco

Python で CML 上のノードのラベル / CPU / メモリ / X / Y 座標を変更するサンプル

以前に Python で CML 上のノードの X / Y 座標を変更するサンプル というメモを書きました。 X / Y 座標だけで無く、下記も修正出来るようにしました。 指定可能なオプションは以下です。 オプション 変更出来る値 ...
Cisco

CML へ cmlutils で Ubuntu 22.04LTS イメージをアップロードする

Cisco CML へ新しいイメージファイルをアップロードするには以下の手段があります。 WebUI からアップロードする CLI からアップロードする 上記の「2.」に近いのですが、今回は CLI から cmlutils を使ってイメ...
Cisco

Cisco CML 2.3.1 へアップグレードする

Cisco CML 2.3.1 がリリースされていました。 バグ修正が行われているようです。 April 27, 2022 Updated bug fixes and known issues for CML 2.3.1 release....
Cisco

Python で CML2 上のリンク情報を取得する (virl2-client 利用版)

以前に Cisco CML を python から制御する、以下のメモを書きました。 Python で CML2 上のラボ一覧を取得する Python で CML2 上のトポロジーを取得する Python で CML2 上のリンク情報を取...
Cisco

Python で CML 上のノードの X / Y 座標を変更するサンプル

Cisco CML でラボを作成する際、微妙にノードの位置が揃わない場合があります… GUI 上から揃える方法が分からなかった為、「ノードの X / Y 座標を指定出来る Python スクリプト」を書いたのでメモしておきます。 検証は U...
Cisco

Cisco CML で Ubuntu に SSH 用公開鍵を事前登録する

Cisco CML で Ubuntu をデプロイする際、cloud-config を使って予め (仮想マシンの起動前に) ホスト名やタイムゾーン、ユーザ情報などを設定しておくことが可能です。 この手順は以前、CML で Ubuntu を使う...
Cisco

CML 上の Catalyst 8000V でライセンスを有効化/スループットレベルを変更する

Cisco CML 上で Catalyst 8000V を起動しても、ライセンスが存在しない為、ライセンスを必要とする機能を利用することが出来ません。 評価用途であれば申請など無く、一時的にライセンスを有効化することが出来る為、今回はその手...
Cisco

Cisco CML 2.3 時点の IOSv / IOS-XE デフォルトコンフィグ

Cisco CML 2.3 時点の最新 reference-platform に同梱されている幾つかの機器で取得したデフォルトコンフィグをメモしておきます。 IOSv 15.9(3)M4 ! version 15.9 service tim...
Cisco

virl2-client で CML へ接続するには wait_for_lld_connected() では無く、is_system_ready() を使う

virl2-client を使うと Cisco CML を Python から操作することが出来ます。 以前に VIRL 2 Client Library で CML を Python から操作する というメモを書いたのですが、「CML へ...
タイトルとURLをコピーしました