2020-06

Cisco

CML で Ubuntu を使う

CML 上で TinyCore や Alpine を使うことも出来ますが、もう少しフットプリントが重くても構わなければ Ubuntu 18.04 を使うことも可能です。 Ubuntu は CML の初期状態から利用出来ます (TinyCor...
Cisco

CML で TinyCore や Alpine 等の Linux を使う

Cisco CML では Linux を使った検証を行いたい場合、TinyCore や Alpine を利用することが出来ます。 Add Nodes から Server を選択すると TinyCore が利用出来ます。 Alpine はその...
MikroTik

MikroTik CHR 6.47 での OSPF 設定例

MikroTik で OSPF ネットワークを設定するサンプルをメモしておきます。 構成 以下の構成としました。 ルータは全て CHR 6.47 を使い、CML 上で検証しました。 設定 設定例は以下の通りです。 CHR-1 /ip dh...
Cisco

CML に MikroTik CHR 6.47 を追加する

以前に Cisco CML で SD-WAN (vEdge / cEdge) を検証出来るようにするというメモを書きましたが、CML では任意のノードを追加することが出来ます。 勿論、ルータに IOSv を用いても良いのですが IOSv は...
Cisco

CML でパケットをキャプチャする

VIRL でも可能だったパケットキャプチャ機能ですが、CML でも可能です。 しかし、GUI から直接キャプチャファイル (.pcap や .pcapng) からダウンロードすることは出来なくなりました。 GUI からのキャプチャ GUI ...
Cisco

CML での IOSv コンフィグ・テンプレート (TELNET / SSH)

以前に VIRL などで検証する際によく使う設定をメモしておきました。 Cisco VIRL でよく使う「検証用コンフィグ・テンプレート」 Cisco へ SSH ログイン出来るようにするには(IOSv / XRv / CSR1000v ...
Cisco

CML で起動前にコンフィグを設定しておく

VIRL 同様、CML でもノードの起動前に予め設定を行っておくことが出来ます。 ノードを選択し Edit Config タブからコンフィグを設定します。 以下の例では IOSv4 に事前コンフィグとして hostname R1 という...
Cisco

CML に Cisco SD-WAN ノードを登録する際の ID / Label 情報

CML に Cisco SDWAN 関連のノード定義を追加する際の ID や Label 値をメモしておきます (自分用) 20.1.1 ID Label Description Disk Image Node Definition ...
Cisco

CML で WAN Emulator を使い、品質が悪い回線を再現する

※ 後で思い出したのですが、VIRL にも遅延 / ジッタ / ロスの再現機能はありました。 「品質の悪い WAN 回線でネットワークがどのように動作するか?」を確認したい場合、WAN エミュレータを使います。 (VIRL にはありませんで...
Cisco

CML でノードと外部ネットワークをレイヤー 2 接続する

CML 上でノードを外部ネットワークと接続するには External Connector を使います。 ですが、デフォルトで External Connector は NAT 接続を提供します。 「直接、外部とレイヤー 2 接続したい」とい...
タイトルとURLをコピーしました